このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2019年07月24日

日光山 常楽寺  [兵庫県加古川市]


今回は、播磨八薬師霊場を求めて、兵庫県加古川市にある常楽寺にやって参りました。

日光山 常楽寺  [兵庫県加古川市]

日光山 常楽寺  [兵庫県加古川市]

病苦を除き、健康と心の安らぎのご利益があることから「日光山のお薬師さん」として親しまれています。

このブログでもよく出てきますが、このお寺も豊臣秀吉の三木攻めの被害を受けたお寺です。

再建されたのは、1678年(延宝6年)になってからです。



話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 18:25 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

船越山 瑠璃寺 [兵庫県佐用町]


今回は、播磨西国三十三箇所霊場の最西端あたる瑠璃寺に行ってまいりました。

新西国三十三箇所の札所でもあります。

船越山 南光坊 瑠璃寺 [兵庫県佐用郡]


神亀5年(728年)、聖武天皇の勅願により行基が開創したと伝えられています。

全盛期には、七十二宇の伽藍があったとされています。



話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 19:01 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

広峯神社 [兵庫県姫路市]

今回は、官兵衛神社を境内に建立すると話題になっている広峯神社です。

僕が参拝したときは、官兵衛神社の話題が出る前だったので、あわててブログに書いている有様です(^^;)




駐車場まで、結構、山を登ってきました。

途中で「広峰展望広場」(地図はこちら)という場所があるのですが、ここは夜景がきれいだそうです。今度は、夜景撮影にチャレンジしたいですね。



駐車場に境内図がありました。

広峯神社 [兵庫県姫路市]
画像をクリックすると拡大されます



現在地と書かれてある場所です。
広峯神社 [兵庫県姫路市]


ここから、少し歩きます。ここでも、上り坂があります。

広峯神社 [兵庫県姫路市]



しばらくすると、随神門が見えてきます。

広峯神社 [兵庫県姫路市]

広峯神社 [兵庫県姫路市]

広峯神社 [兵庫県姫路市]

元禄10年(1697年)建立。



話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 19:11 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

宗佐厄神八幡神社 [兵庫県加古川市]


今回は、兵庫県加古川市にある宗佐厄神八幡神社です。

宗佐厄神八幡神社 [兵庫県加古川市]

宗佐厄神八幡神社 [兵庫県加古川市]

宗佐厄神八幡神社 [兵庫県加古川市]


749年2月、第46代孝謙天皇の勅願所として創立されました。

769年、皇位を奪おうとする道鏡の野望をくじくため、和気清麻呂公が宇佐八幡宮へ行く途中、宗佐厄神八幡神社境内にて、道鏡の追手に追いつかれました。

その際に、一頭の巨猪が飛び出し、追手をことごとく蹴散らし、難を逃れることのできました。
このことから、厄除の大神として崇敬されるようになりました。

話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 20:40 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

敏馬神社(みぬめじんじゃ) [兵庫県神戸市灘区]


兵庫県立美術館の帰りに、ちょっと寄り道して、「敏馬神社」に行って参りました。

敏馬神社(みぬめじんじゃ) [兵庫県神戸市灘区]

敏馬神社(みぬめじんじゃ) [兵庫県神戸市灘区]

「敏馬」と書いて「みぬめ」と読みます。

縁切りの神としても有名ということなので、良縁は困りますが、悪縁を断ち切りたい人はぜひ。


創建は神功皇后元年と言いますから、1800年の歴史があります。神戸では、長田神社や生田神社と並ぶ歴史のある神社です。


しかし、昭和20年6月5日、戦災により社殿を焼失し、昭和27年に再建された。



話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 20:07 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする