このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2020年03月01日

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]


境内の梅林がきれいだと聞いたので、明石市二見町にある御厨(みくりや)神社に行ってきました。

駐車場はそれなりに梅の花が咲いていたのですが、

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

境内の方が…

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

外から見ても

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

まだ早いかな?

本殿裏の梅林も

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

御厨神社へ梅を見に行ったのですが…[兵庫県明石市]

全然ですね。これは、リベンジです。




話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 05:52 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月20日

伊和神社  [兵庫県宍粟市]


今回は、播磨国一宮の伊和神社に行ってきました。

伊和神社  [兵庫県宍粟市]

伊和神社の創建は、144年(成務天皇14年)と言われています。

この地を拓いた伊和大神(大己貴神)を祀っています。

海神社・粒坐天照神社とともに播磨三大社と言われています。

境内は、53,000平方メートル(約16,000坪)もあり、木々に囲まれていて、心が休まるというか、独特の雰囲気があります。




話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 18:01 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

岩屋神社の「十日えびす」に行ってきました [兵庫県明石市]


お恥ずかしながら、生まれてこの方、「十日えびす」に行ったことがなかったんです(T_T)

丁度、10日が休みだったので、この機会に行ってきました。

明石 岩屋神社の十日えびす





以下、境内の様子です。

明石 岩屋神社の十日えびす

明石 岩屋神社の十日えびす

立派なマグロが奉納されていました。

こういうのを見ていると、バブルの頃に戻って、お金を豪快に使ってみたい気分にはなりますよね。

ただ、伴うものがありませんが…







明石 岩屋神社の十日えびす

上の写真は、砂に埋まった5円玉を探しています。

ご縁探しと言うことらしいです(^^;)

取り出した5円は財布に入れて、お守りにするといいそうです。







開運招福 小鳥居

明石 岩屋神社の十日えびす

平成25年初戎祭より、新たに本殿奥に小さな鳥居が奉納されています。

高さ37p、幅40pの鳥居…

以前、参拝した際には、この鳥居の意味が分かりませんでしたが、「このくぐり抜けに挑戦し、開運を御祈願下さい。」とのこと。

早速、チャレンジしてみます。

明石 岩屋神社の十日えびす

今年は、いい1年になりそうです(^^;)






初詣の神社の雰囲気と違って、活気があって良いですね。

ついつい我が家にしては奮発して飾り物を買ってしまいました。

明石 岩屋神社の十日えびす





正直、思ったより空いていました。

混雑を予想して、車を明石駅に置いてきたのですが、岩屋神社付近のコインパーキングは結構空いていました。

でも、人混みが嫌いな僕には、丁度いい感じでお参りできました。





[住所] 兵庫県明石市材木町8−10
[電話]  078-911-3247






追記、
地図から、その場所のブログ記事にいけるようにしています。



posted by スコープドック at 19:55 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

萬松山「慧日寺」  [兵庫県丹波市]


今回は、「丹波もみじめぐり」と「丹波古刹十五ヶ寺霊場」の参拝で、慧日寺に訪れました。

萬松山 慧日寺 [兵庫県丹波市]

萬松山 慧日寺 [兵庫県丹波市]

茅葺き屋根が特徴的で、良い味を出してるんですよねえ。

それから、兵庫県では珍しい姫ホタルが見ることができるそうです。



話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 18:37 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

永谷山「円通寺」 [兵庫県丹波市]


前回、円通寺の紅葉の様子を描きましたが(詳細はこちら)、今回はお寺の様子を描きます。

永谷山「円通寺」 兵庫県丹波市

永谷山「円通寺」 兵庫県丹波市


1382年(永徳2年)、足利義満にまねかれ英仲法俊が円通寺を開いたと言われています。

全盛期には、二百余の末寺院と一千石を越える寺領を有する大規模なお寺でした。

この立派なお寺を見ていると、うなずけます。

現在の本堂や庫裏は、天保年間(1840年)に焼失後再建されたもので、本堂は二層屋根になっており、唐風を連想させるものがあります。





話が長くなるので、続きはこちら(写真が多くて分かりやすくなっています)

posted by スコープドック at 19:19 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする