このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2015年02月03日

「第14回 神戸っ子アートフェスティバル」に行って来ました


我が家では、恒例になりつつある「神戸っ子アートフェスティバル」に今年も行って来ました。


第14回 神戸っ子アートフェスティバル

第14回 神戸っ子アートフェスティバル


過去の様子はこちら
第9回
第10回
第11回
第12回
第13回



「神戸っ子アートフェスティバル」は、神戸市幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校 造形展です。 

学校園と美術館がともに企画からかかわり、運営しています。 

大体、毎年同じ時期に、兵庫県立美術館のギャラリー棟で開催されますが、開催期間が短く、折り合いをつけるのが難しいです(T_T)

もう少し、開催期間を延ばしていただけると、調整が取りやすいんですが… 



話が長くなるので、続きはこちら

posted by スコープドック at 13:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

たつの市立龍野歴史文化資料館 [兵庫県たつの市]


龍野の城下町を散策した時に(その時の様子はこちら)、たつの市立龍野歴史文化資料館に寄ってきました。


たつの市立龍野歴史文化資料館


龍野城の隣に建っているためか、館外観は城郭風になっています。

ホームページによりますと、「龍野の歴史」をテーマに、たつの市域及び揖保川流域の町々の原始古代から近世までの歴史の流れを、5つのコーナーに分け、時代順に紹介していているそうです。




話が長くなるので、続きはこちら

posted by スコープドック at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

小野市立好古館 [小野市西本町]


小野市に良く行くことがあるのですが、小野市立好古館には行ったことが無かったので、行ってきました。

小野市立好古館 [小野市西本町]

陣屋跡に建てられた小野小学校旧講堂を館施設として使用し、小野市の歴史、風土、民俗、芸能、文化に関する資料などを展示してあります。

小野市立好古館 [小野市西本町]

小野市立好古館 [小野市西本町]

小野市立好古館 [小野市西本町]

小野市立好古館 [小野市西本町]

小野市立好古館 [小野市西本町]

他にも貴重な資料があるのですが、撮影禁止だったので、写真がございません
m(__)m

気になる人は、見に行ってくださいね。



話が長くなるので、続きはこちら

posted by スコープドック at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

「播磨町 郷土資料館」へ行きました [加古郡]


「播磨町 郷土資料館」は、前回書いた兵庫県立考古博物館(過去記事はこちら)や大中遺跡(関連記事はこちら)がある大中遺跡公園の中にあります。




入り口を入ると、まず目に飛び込んでくるのが、

播磨町 郷土資料館

舞ぎりによる火おこし体験

播磨町 郷土資料館

これが、結構、ムキになってやってしまうんですよね(^_^;)


その奥には、大中遺跡の出土品を展示してあったり、

播磨町 郷土資料館

播磨町 郷土資料館

播磨町 郷土資料館


播磨町の先覚者ジョセフ・ヒコや今里傳兵衛など業績がわかりやすく展示されています(写真がなくてすみませんm(__)m)



播磨町 郷土資料館の外には廃線となった別府鉄道の機関車と客車が展示されています。

別府鉄道

別府鉄道

別府鉄道

別府鉄道

中にも入ることができるので、見応え充分です。



[住所] 加古郡播磨町大中396-1
[電話] 079-435-5000

ホームページはこちら





posted by スコープドック at 06:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

「兵庫県立考古博物館」へ行きました [加古郡]


兵庫県立考古博物館には、兵庫県で発掘された遺物や、当時の様子を再現した模型などが展示されてあります。

お金を取るだけのことはあり、以前行った「神戸市埋蔵文化財センター」(詳細はこちら)よりも見応えがありました(^_^;)


まずは、地図から

兵庫県立考古博物館


「播磨町 郷土資料館」と「大中遺跡」の様子は後日、書きます。

大中遺跡の様子はこちら





話が長くなるので、続きはこちら

posted by スコープドック at 13:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする