このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2018年11月11日

日本三奇 生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]


今回は、兵庫県高砂市にある生石神社です。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

「生石」と書いて「おうしこ」と読みます。

石の宝殿と呼ばれる巨大な石造物を神体としており、宮城県鹽竈神社の塩竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾とともに「日本三奇」の一つとされています。

創建は、崇神天皇の時代といいますから、かなりの歴史ある神社です。






以下、神社の様子です。

ここの神社は、拝殿と本殿の区別がつきにくい構造になっています。

珍しい神社だと思います。

なので、鳥居側から順番に書いていきます。


まず、休憩所が見えてきます。これは、拝殿でしょうか?

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]






休憩所の奥に、拝殿?があります。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]





その奥に本殿?があります。

間隔が狭いので、上手に写真が取れませんm(_ _)m

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]






石の宝殿

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

ここから先は、有料になっています。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

高さ約5.5m、横約6.4m、縦約4.7mの直方体で背面に約1.8mの三角の突起があります。

重さは推定500トン、幅約1.6m、深さ約30cmの溝が周囲に刻まれています。

なんせ、大きくて全貌の写真が取れません(T_T)


生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

水面に浮かんでいる!!

そのように見えることから、「浮石」とも呼ばれています(^^;)






霊石

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

石の宝殿の分岩で、全身の力を込めて押すと、偉大な力が授かるそうです。






末社

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]


ちょっとした、展望スペースになっています。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]






末社と拝殿の間ぐらいに階段があります。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

ここを上がっていくと、石の宝殿が上から見ることができます。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

ここからの写真で、全貌が大体どんなものか、分かっていただけると思います。






更に上へ行くと、山上公園があります。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

大正天皇が来られたのでしょうか?





ここからの眺めが良いんです。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]





竜山石採石遺跡が見えます。

生石(おうしこ)神社  [兵庫県高砂市]

古墳時代から現在まで約1700年間採石され続けています。

石の宝殿と竜山石採石遺跡は、平成26年(2014年)に国の史跡として指定されています。


この山上公園は、夜景もなかなかきれいですその様子はこちら




[住所] 兵庫県高砂市阿弥陀町生石171
[電話] 079-447-1006






追記、
地図から、その場所のブログ記事にいけるようにしています。



posted by スコープドック at 20:13 | Comment(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。