このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2016年02月22日

「綱敷天満宮」へ行って来ました [神戸市須磨区]


綱敷天満宮は、 菅原道真公が大宰府への左遷の途上で立ち寄ったことに因んで創建されたそうです。


菅原道真は、学問の神様として有名で、この日も多くの人が、合格祈願で参拝していました。


僕のお目当ては、御朱印ですが(御朱印はこちら






綱敷天満宮 (2).JPG


パノラマ写真はクリックで拡大されます。





須磨 綱敷天満宮

須磨 綱敷天満宮


須磨 綱敷天満宮

須磨 綱敷天満宮












手水舎

綱敷天満宮 手水舎








綱敷の円座

綱敷天満宮 綱敷の円座

道真公は九州太宰府に左遷された際、須磨の浦で波が高くなり航海を中断されました。
その時、漁師達が網の大綱で円座を作り、お休みになられた事にちなんで、これを模した縁起物です。







なすの腰かけ

綱敷天満宮 なすの腰かけ

綱敷天満宮 なすの腰かけ

何でも願いが叶うというなすの腰掛け

ナスと「成す」との語呂合わせだそうです(^_^;)






拝殿

綱敷天満宮 拝殿



中には、「茄子の子安台」があります。

綱敷天満宮 「茄子の子安台」

この子安台は、当境内の本殿前に設置している「なすの腰掛け」にちなんだもので、野菜の茄子を模して制作しております。 
写真では、見えませんが、ナスのしたには「綱敷の円座」という、ご利益の複合技!?







波乗り祈願像

綱敷天満宮 波乗り祈願

サーフボードを持たれた道真公

時勢の波に乗り、夢が叶うことを祈願します








思うつぼ

綱敷天満宮 思うつぼ

境内に5つの「おもうつぼ(壷)」があります。

それぞれの壷に、「願い玉」を回して(入れて)、願いを祈ります。

壺の上にある渦巻きを回って、壺の下から「願い玉」が出てきます。
 
願い玉は、境内授与所にあります(700円)(この願い玉は、何度も繰り返し使えます)









綱敷天満宮 牛

綱敷天満宮 牛

「菅原道真公の出生年は丑年である」
「大宰府への左遷時牛が道真公を泣いて見送った」
「道真公は牛に乗り大宰府へ下った」
「牛が刺客から道真公を守った」
「道真公の墓所(太宰府天満宮)の位置は牛が決めた」
など菅原道真公と牛にまつわる言伝えや縁起が数多くあります。
それ故に、牛は天満宮では、御祭神の使者とされ、縁起がいいとされているそうです。

全然、知りませんでした(^_^;)







三重塔

綱敷天満宮 三重塔

綱敷天満宮 三重塔

この辺の神社では珍しいのではないのでしょうか?

神社だけに、鳥居もありますね(^^)








稲荷社

綱敷天満宮 稲荷神社








厄神社

綱敷天満宮 厄神社







社務所

須磨 綱敷天満宮 社務所





梅の木も100本ほど植えてあるので、梅見などもいいですね(関連記事






[住所]  兵庫県神戸市須磨区天神町2丁目1−11
[電話] 078-734-0640

ホームページ

地図はこちら



追記、
地図から、その場所のブログ記事にいけるようにしています。

お出かけ地図

食べ歩き地図



御朱印を頂いた寺社を地図でマークしてあります。
地図はこちら





posted by スコープドック at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック