このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2015年12月13日

「大谷山 大谿寺 伽耶院」へ紅葉を求めて…


三木の紅葉を求めて、金剛寺慈眼寺と行って来ましたが、最後は、伽耶院へ行って参りました。





ここの紅葉もパッとしませんね。

大谷山 伽耶院 駐車場

大谷山 伽耶院

大谷山 伽耶院

大谷山 伽耶院

駐車場の様子ですが、今年はハズレ年?

ただ、駐車場から見える断層がきれいな柱状節理(規則正しい割れ目が柱状になったもの)になっていたのにはビックリ(゚д゚)!

大谷山 伽耶院 柱状節理

柱状節理がきれいな場所と言えば、以前行った……
詳細はこちら










話が脱線してしまいましたが、伽耶院は、とても神秘的で、不思議な魅力を感じるお寺でした。

それでは、お待ちかねの、お寺の様子です。




伽耶院は、法道仙人が毘沙門天のおつげで、大化年間(七世紀半ごろ)に創建したといわれています。

平安時代中期には、数十のお堂と百三十余の坊舎をもち、隆盛を極めていたのですが、秀吉の三木城攻撃のとき、兵火にかかってやまごと焼失してしまいました。

その後、江戸時代に姫路城主 池田輝政や明石城主 小笠原忠真らによって、再建されて現在にいたっていますが、三木合戦の傷跡は、仁王門に残っています。

伽耶院 仁王門

仁王門は、駐車場に着く前に見えてきます。

この中にある金剛力士像が…

伽耶院 仁王門の金剛力士像

この様に、頭部と胸部が焼失してありません。








山門

大谷山 伽耶院 山門


伽耶院 山門

大谷山 伽耶院 山門

駐車場に車を停めると、まず、目に飛び込んでくるのが、この山門です。

この奥には納経所があります。御朱印はここでもらいます。

大谷山 伽耶院 納経所

向かい側の様子

大谷山 伽耶院 南天

ここから奥の方へ行っても本堂の方へ行けますが、山門より、もう少し奥にある中門から行った方が、きれいにまわれると思います。



山門と中門の間の広場の様子です。

伽耶院 

やはり、紅葉がパッとしませんね。








二天堂(中門)

伽耶院 二天堂(中門)

伽耶院 

伽耶院 

1651年築 持国天・多聞天の二天像(慶安年間の作)を安置 。
屋根及び軒まわりは、修理の際、改変されています。








入山料が粋ですね(^^)

伽耶院 








黄金水

大谷山 伽耶院 黄金水

この池は12月中旬〜2月中旬には水面が虹色や金色に輝くといわれている。これは池にヒカリモが繁殖していることによるものであり、太陽光線を反射して金色や虹色に輝くことになる。








本堂

大谷山 伽耶院 本堂

大谷山 伽耶院 本堂

大谷山 伽耶院 本堂

慶長15年(1610年)建立。毘沙門天像(重文)を安置している。








三坂明神社

大谷山 伽耶院 三坂明神社

大谷山 伽耶院 三坂明神社

国の重要文化財に指定されています。








多宝塔

大谷山 伽耶院 多宝塔

国の重要文化財。正保5年(1648年)築。小倉城主 小笠原忠政の寄進









臼稲荷社

大谷山 伽耶院 臼稲荷社

かつて、この辺りの土地では田に水を溜めておくため、田の水の出口に古い石臼を置いて自分の田から水が出るのを防いでいました。
ある干害の年、狐が老人に化け村中の田から全ての石臼を取り去り、水を均等に分配しまた。
これを見て恥じた村人たちは全ての石臼をここに奉納したという言い伝えがあります。
これが「臼稲荷」の由来とされているようです。








開山堂

大谷山 伽耶院 開山堂

大谷山 伽耶院 開山堂

大谷山 伽耶院 開山堂

1656年築。丹後峰山城主・京極右近源高供寄進。法道仙人像安置。






行者堂

大谷山 伽耶院 行者堂

大谷山 伽耶院 行者堂

1630年築。土佐高知城主・山内忠義の寄進。役行者像を安置 。






行者堂の裏には、水子地蔵が有ります。

大谷山 伽耶院 水子地蔵

大谷山 伽耶院 水子地蔵







護摩道場

大谷山 伽耶院 護摩道場

この場所で、不動明王の智により煩悩を焼き尽くそうという儀式である採燈大護摩がとり行われる。






[住所] 三木市志染町大谷410
[電話] 0794-87-3906

ホームページ

地図はこちら

御朱印はこちら




 
posted by スコープドック at 12:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
伽耶院の公式ホームページが開設されました。
URLはhttp://www.gayain.or.jp/です。
Posted by Genesis at 2016年11月23日 16:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック