このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2015年11月26日

尼崎寺町を散策


寺町(てらまち)とは、寺院が集中して配置された一画のことを言います。

多くの城下町においては、寺院を都市の外縁にまとめ、攻撃の際の盾とする意図があったみたいです。



1617年、戸田氏鉄が尼崎城築城の際、城域にあたる大物周辺(現・尼崎市大物〜東本町)に多くあった寺院を別所村へ集中させました。

これが尼崎寺町です。

3.9haに11寺院あり、国の重要文化財7件をはじめ、県・市の文化財が多数あります。


尼崎寺町
画像をクリックすると拡大されます





流石に全部の写真は載せられないので、一部だけ。

気になる方は、ぜひ、足を運んでみてくださいm(__)m

尼崎寺町


尼崎寺町

尼崎寺町





本興寺

尼崎寺町 本興寺

尼崎寺町 本興寺


尼崎寺町 本興寺

尼崎寺町 本興寺

尼崎寺町 本興寺






長遠寺

尼崎寺町 長遠寺

尼崎寺町 長遠寺





地元漫画家・尼子騒兵衛さんが描いた七福神の色紙に、7つの寺社に置かれたスタンプを押していく、「尼崎寺町七福神巡り」もあります(詳しくはホームページで)




タグ:尼崎 兵庫県
posted by スコープドック at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック