このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2015年09月22日

「若人の広場公園」へ行って来ました [南あわじ市阿万]


淡路じゃのひれアウトドアリゾートでキャンプした時(詳細はこちら)に、気になっていたものは…

淡路島 若人の広場

淡路島 若人の広場

「若人の広場」の記念塔だと解りました。

最近は便利なもので、気になることはスマートフォンでネット検索できます。

調べてみると…

第二次世界大戦において、学業半ばでさまざまな軍需工場での生産に動員され、そこで亡くなった男女学徒を追悼する施設として、1967(昭和42)年に建設されましたが、阪神・淡路大震災の影響などにより閉鎖を余儀なくされていました。

 多くの再開を望む声を受け、恒久平和を願い、誓い合い、市民が憩える都市公園として再整備し、2015(平成27)年3月に再び開園しました。



とのこと。


行った時に、えらい綺麗な施設だと思っていたのですが、再オープンして間もなかったからなんですね。









以下、見に行った時の様子です。


駐車場から見える景色

淡路島 若人の広場

車から出て、出迎えてくれる景色は、綺麗でした。






全体図

淡路島 若人の広場
画像をクリックすると拡大されます







管理棟

P1060895.jpg


展示室もあります。

P1060908.jpg

淡路島 若人の広場


淡路島 若人の広場

淡路島 若人の広場

淡路島 若人の広場

淡路島 若人の広場

戦没学徒の遺品が展示されています。

こんなに若いのに、死と隣り合わせで生きていたんですね。

今の平和は、この人達の石杖の上に成り立っていることを再確認しました。








記念棟(慰霊塔)

淡路島 若人の広場

P1060896.jpg


P1060897.jpg

高さ25mもあります。


この記念塔の下には、

P1060899.jpg

永遠の灯火 がありました。

今の平和に感謝するとともに、「二度と戦争はしてはいけない。」と思いました。






[住所] 南あわじ市阿万塩屋町2658−7
[電話] 0799-55-2520

Facebook

地図はこちら





posted by スコープドック at 13:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 公園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック