このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2014年10月08日

刀田山 鶴林寺(かくりんじ) [加古川市]


今回は、大河ドラマの軍師官兵衛の終わりの方で放送されている「官兵衛紀行」に登場した「鶴林寺」に行って来ました。


刀田山 鶴林寺 地図


鶴林寺は、中世には30余りの寺坊に2万5千石もの寺領を有し、大寺院となったのですが、黒田官兵衛の説得によって秀吉に寺領を献上、さらには江戸幕府の厳しい宗教政策のため、縮小されてしまいました。

しかし、官兵衛の働きかけのお陰で、貴重な建築物や文化財は戦火を免れました。

だから、この寺には、国宝をはじめ、国の重要文化財がゴロゴロしています。

それ故に「播磨の法隆寺」と呼ばれています。

今、大河ドラマで黒田官兵衛が話題になっているからでしょう。宝物館では、特別展「黒田官兵衛と鶴林寺」を開催していました。

刀田山 鶴林寺 宝物館

宝物館には勘兵衛からの直筆の書状が展示されていました。

写真撮影禁止だったので、写真はありませんが、仏像や絵など重要文化財がたくさんあり、有料ではありますが(入場料とセットだと割引になります)、その分、貴重な品がたくさんありました。




前置きはこれぐらいにして、 仁王門をくぐって境内を見て行きましょう。


刀田山 鶴林寺 仁王門

刀田山 鶴林寺 仁王門

刀田山 鶴林寺 仁王門





国宝の「本堂」です。

刀田山 鶴林寺 本堂

刀田山 鶴林寺 本堂

中には、薬師三尊像と二天像が安置されています。

お守りやポストカードなどが販売されていました。




こちらも国宝 「太子堂」

刀田山 鶴林寺 太子堂

刀田山 鶴林寺 太子堂

堂内に壁画の聖徳太子像があることから太子堂と呼ばれています。




常行堂

刀田山 鶴林寺 常行堂

こちらは重要文化財です。

この周囲を歩き続けながら、念仏を唱えるという天台宗の修行を行う堂で、かなり格式のある天台寺院にしか見ることができません。





鐘楼

刀田山 鶴林寺 鐘楼

こちらも重要文化財です。

二階に上がって鐘を突く珍しい構造で、外観が袴をはいたように見えるので「袴腰造り」といいます。





行者堂

刀田山 鶴林寺 行者堂

端の方に目立たないのですが、こちらも重要文化財です。

前半分は春日造り、後ろは入母屋造という珍しい構造をしています。






三重塔

刀田山 鶴林寺 三重塔

刀田山 鶴林寺 三重塔

こちらは、県指定文化財です。

建物が立派なので、てっきり重要文化財かと思っていました(^_^;)






ここでは、紹介していませんが、この寺を囲むように三方が鶴林寺公園として整備されÇ11形蒸気機関車なども展示されています。




[住所] 兵庫県加古川市加古川町北在家424
[電話] 079-454-7053
[駐車場] 無料30台ほど

ホームページはこちら

地図はこちら

御朱印はこちら




追記、

鶴林寺の入口近くで、家のガレージでお土産屋さんをやっている所があって、



「大乃いづみ屋 刀田太子もなか」というものが売っていたので、買ってみました。

大乃いづみ屋 刀田太子もなか

大乃いづみ屋 刀田太子もなか

餡がたっぷりで、美味しかったです。






posted by スコープドック at 06:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 神社 ・ 寺院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック