このブログだけでなく、姉妹サイトがあります。
左側に姉妹サイトの一覧があるので、ぜひ、見てやってください。






2014年05月06日

「淡路ワールドパークONOKORO」 「兼高かおる旅の資料館」編

前回の続きになります。

前の記事はこちら
「淡路ワールドパークONOKORO」に行って来ました




僕の世代(僕は昭和48年生まれ)で「兼高かおる世界の旅」を知らない人は、いないと思います。

毎週日曜日の朝に放送で、世界各地を駆けめぐり、その風俗・文化・歴史などを紹介する本格的海外取材番組でした。

オープニングの飛行機が飛んでいる映像が頭に焼き付いています。

調べてみると、1959年から30年間も放送され、取材した国は150ヶ国に上り、移動距離は地球180周分にもなるそうです。

そんなお化け番組のディレクター、プロデューサー、レポーター、ナレーター、そして時にはカメラマンまでしていた「兼高かおる」さん。

その旅のコレクションを展示してあるのが、「兼高かおる旅の資料館」です。

兼高かおる旅の資料館

貴重な各国の民芸品、世界の風俗などを映像やパネルで紹介してい ます。

「淡路ワールドパークONOKORO」内にあります。




以下、資料館の様子の一部です。

気になる人は、見に行ってくださいね(^_^;)

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館

兼高かおる旅の資料館

これだけの資料館が、なんと無料!

ここをみるだけでも、「淡路ワールドパークONOKORO」に来た価値はあります。


[住所] 兵庫県淡路市塩田新島8-5
[電話] 0799-62-1192

地図はこちら

ホームページはこちら








posted by スコープドック at 11:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ、早速お邪魔しました。

兼高かおるのワードに、思わず反応しちゃった、S42年生まれです。
日曜の朝って言うと必ず見てましたよね。
うちは、確か時事放談とセットで見てた気がします。

また、色々な情報教えて下さいね。
私は、島根から神戸に来て4年目の田舎者ですので(T_T)
Posted by ようちゅけ at 2014年05月06日 20:16
はじめまして。つねまる、と申します。

淡路島は何度も行ってますが、ONOCOROは行ったことなかったです。
ストレス解消ドライブが基本なので、海見て走れればいい、というか…。

兼高かおる様世代です。知らなかったです。淡路島にこんなところがあるなんて!
早速行ってみます。
うわー、すごいです。ありがとうございます!
Posted by at 2014年05月06日 23:28
このブログの初コメントありがとうございます。
しかも、二人からコメントを書いて頂き、やり甲斐を感じております。



ようちゅけさん、早速来て頂いてありがとうございます。

僕も神戸と言っても西区なんで、小さい時は、田んぼと畑と池に囲めれて生活していた田舎者です(^_^;)

親父は明石市の職員で、「明石市民の税金で給料を頂いているのだから、お金を使うなら明石や」と言うのが口癖でした。

だから、出かけるのは明石ばかりで、神戸に住んでいながら神戸を知りませんでした。

しかも、家に車が無かったので、外出もあまりしませんでした。

「家族でお出かけ」なんて、無いに等しいです。

その影響のせいか、今頃になって出かけまくっています(^_^;)

参考になるかはわかりませんが、以前のブログ記事を掘り起こししていっているので、載せる記事はたくさんあります。

参考になれば、幸いです。




つねまるさん、初めまして。

海を感じながらのドライブは、確かに気持ちいいですよね。
僕も、車が趣味だった昔、車を走らせて、明日の英気を養ったものです(^_^;)

しかし、ONOKOROに兼高かおる資料館は、どう考えても結びつかないいですよね。

兵庫県出身なんですが、淡路島では無いし…何でだろう?

謎はさて置き、「兼高かおる世界の旅」世代なら、きっと感動すると思いますよ。

ドライブのついでに是非。
Posted by 管理人 at 2014年05月09日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック